服部幸應先生の食育インストラクター通信講座(がくぶん) 食育インストラクター通信講座@がくぶん

「NPO日本食育インストラクター協会」認定! 服部幸應先生の「食育講座」はこちら♪

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

2011年11月14日

服部幸應先生の食育インストラクター通信講座(がくぶん)

食育の指導といえば松居一代さんや服部幸應先生が有名です。がくぶんの食育インストラクターの講座も開催されています。これらの食育講座は通信講座でも行われています。こうした食育の資格を取得する人も増えてきています。また食育をとりいれた給食をだす小学校、労働における水産給食科学、地産地消のおかずやごはん、食育白書にもとづいた食育指導を行う機関もあります。

食育(しょくいく)の基本は旬の食材を適切に選び摂ることにあります。古来、日本料理は旬の素材を大切にしてきました。近年は、野菜の促成栽培や魚介類の養殖など季節にかかわらずほとんどのものを食べることができます。便利になった反面、食べ物の季節感が喪失してきたのも事実です。昔はビタミン剤も栄養補助食品もありませんでしたから、旬の食材をいただくということが健康を保つ一番の方法だったのです。

岩手県農林水産部流通課では、厚生労働省と農水省が作製した「食事バランスガイド」を基に、「岩手版食事バランスガイド」を発行しています。県産食材と郷土料理を活用し、「バランスを考えた献立で、健康で潤いのある暮らしと健全な食生活」を営んでもらうことが目的として、 ガイドは「1日に何をどれだけ食べたらよいか」を、性別や年齢、活動量で適量を判断するもの。主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物別に料理や食品が一目で分かり、自分の食生活と照らし合わせ、問題点や改善点がチェックできます。

食育が見直されてきた背景として、偏食、肥満、味覚障害など、日本の子どもたちは食に関して多くの問題を抱えており、キレやすい子どもが増えてきたのも乱れた食生活が原因であると言われています、そこで今、強く求められているのが子どもたちへの食育です。また「食育」が自宅で身につけられる本格的な食育通信講座などもあります。もし食育インストラクターに興味があるなら資料を取り寄せて勉強してみてはいかがでしょうか。

【食育インストラクター関連リンク】

食育の指導といえば松居一代さんや服部先生が有名ですが、がくぶんでは食育インストラクターの通信教育も行われています。まずはがくぶんの食育インストラクター養成講座の無料資料請求からどうぞ♪

食育インストラクター資格取得@がくぶん

服部幸應の食育インストラクター養成講座 >>> 無料資料請求からどうぞ♪ぴかぴか(新しい)

posted by 食育指導士通信講座@がくぶん at 17:36 | 食育インストラクター通信講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。